NICE営業物語の特長は

システムズナカシマがサービスしているNICE営業物語。これだけ聞くと何をサービスしているのか分かりにくいのですが^^SFAなんですね。

もともとは「自社内の営業部門での使用を目的として1999年に大手経営コンサル会社の指導のもと初期バージョンが開発」されたとのこと。つまり、最初は自社内に向けてのサービスだったそうで、これがかなりイケていたのでしょうね^^他企業への販売を行うべく、2002年には携帯電話での日報登録対応機能の追加、2009年にはクラウド(SaaS)で運用できる環境が整い、翌年にはスマホアプリもリリースされるなど、様々な機能の追加が行われ、現在は多岐にわたる業種で活用されているんだそうです。

自社用に開発したものが他の企業へのサービスに変化していく、ということは多分よくあるんだと思います。また、利用するほかの企業としても、開発した会社が実際に使ってみて営業成績がアップできたのだから、自社で使っても効果は上がるだろうな・・と期待しますよね。

京セラの折りたたみ型タフネスケータイ『TORQUE X01』

ビジネスマンやシニア層でフィーチャーフォンは根強い人気があるそうです。「月額利用料が安い」「通話品質が高い」「電話やメールが使いやすい」などのメリットがあるフィーチャーフォン…スマホの波も何のその一定の需要があるのも頷けますよね。そんな中auから2017年春モデルとして折りたたみ型のLTE対応フィーチャーフォン『TORQUE X01』が発表されました(2月下旬発売予定)。価格は一括4万3200円、実質2万1600円。防水&防塵&耐衝撃性能を備えたタフネスケータイで、1/12の新製品発表会でauの社長が今回発表したラインアップの中で「イチオシ」と評したモデルなんですよ。グーグルプレイは利用できませんが、LINEはプリインストールしているし、au Marketからアプリもインストール可能となっています。LTEの通信速度は150Mbpsで、VoLTEとau世界サービス、Wi-Fiにも対応。またワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信機能なども搭載しているとか。タフネス性能は、米国防総省が定める耐久試験『MIL-STD-810G』の18項目に準拠した耐久試験をクリアしているそう。中でも落下試験は、「高さ1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下」という厳しい条件にも耐えられるものに進化を遂げているそうですよ。かなり頑丈みたいですね。アウトドアのお供だけでなく、工事現場などで働く方にピッタリだと思います。スマホと違って折りたたみ型なので、コンパクトにズボンのポケットにすっぽり入るというのもポイント高いですね。SFAについてより詳しい情報はこちらを参照してください。

日々の業務管理を飛躍的に効率化

働くDBという営業支援ツールがあるのをご存じですか?営業案件の管理や受発注の管理などを効率的にラクにできるというツールだそうです。

エクセルで案件管理などをやっているけどもっと効率的に管理できないとか、営業マンが各々で情報を持っているため休暇に入ったり退社してしまうと引継ぎ作業に大きな手間がかかってしまうなど。

これって一部の会社での悩みというより、ほとんどの会社にこれらの問題があるのでは?と思いますね。それを一機に解決してくれるというのが、この働くDBというツールなんだそうです。

働くDBでは、リアルタイムで営業マンがあげてくる情報を共有できるので、営業グループ全体で仕事の進捗状況がわかるようになります。正しい状況を知っておけば、重複やミスが無くなりますよね。

また、収集したデータは営業マンやマネージャーが欲しい軸で分析できるので、改善点をすぐに見つけ出すことも可能だそうです。

日々の業務管理の効率化を目指している会社の方は、無料のお試しもあるので、一度チャレンジしてみるのも良いかもです。

SFAについてより詳しい情報はこちらを参照してください。

スキャンするだけでCRMにつながる!

Sansanが提供している名刺管理サービス。これは、交換した名刺をスキャンするだけでデータベースが完成してしまう、というとっても便利なサービス。しかも精度は100%近く、スピードも非常に早いとのこと。

スキャンしたあとどのような流れで100%近い精度を出せるのか・・。きっと最先端の機械を使って入力されてるんだろうな、と想像しますが、実は入力するのはオペレーター、つまり人なんですね。「幾重にもわたる確認作業を経て登録されるので、高い精度でデータ化されます。」とありました。

どうも、会社名、住所と名前、電話番号とかをバラバラにしたものがオペレーターに分配され、オペレーターはそれをただひたすらパソコンに入力するというシステムらしいです。なので、オペレーターも名刺の個人情報を盗み出すなんてことはできないんですね。セキュリティに関しても安心できるシステムとなっているようです。

顧客情報の管理がスキャンするだけでできるなんて、非常に効率的ですよね。

良い担当者に巡り合えること!

CRMを導入する際に、自分たちで必要と思われる最小限度の機能のみを使うのか、それともせっかくのことなのでパッケージ製品を使ってみるのか。非常に迷うところのようです。

CRMをサービスしている会社のホームページを見ていると、結構、パッケージ製品は機能が多すぎて無駄な場合も・・と書かれていることが多いんですよね。自分の会社では、必要な機能だけをシンプルに提供!とか、機能が多いと使い勝手も悪くなるばかり!とか。

でも、果たしてどうなのでしょうね?私はCRMを導入したことも使てみたことも無いので、このへんは何とも言えません^^だけど、きっと導入した企業によって最小限度の機能が良いのか、パッケージ製品が良いのかは違ってくるのでは?と思いますね。

一番良いのは、導入を検討する際にたくさんの導入経験がある担当者に出会うこと。これに尽きるかな~と。的を得た説明とアドバイスをくれる担当者、こんな人と巡り合うことなのかもしれませんね^^

Sales Force Automation (SFA)とは

業務提携について合意

セールスフォースとCCCマーケティングが今月、One to Oneマーケティングにおいて、その実現が将来的に行えるような業務提携に合意したんだそうです。セールスフォースのSalesforce Marketing CloudのデータとCCCマーケティングのデータの連携によって、来年の春にはこの新サービスが企業に提供できるよう、協議を行っていくそうです。

セールスフォースとはクラウドベースにしたCRMなどの営業支援ツールを世界で10万社以上にサービスしている会社。そしてCCCマーケティングはデータベース・マーケティングを行っている会社だそうです。

この連携による新サービスでできること、それは「CRMの精度をさらに向上させ最適なタイミングで最適なコンテンツを提供する効果的なマーケティング」とのこと。CRMってそもそもが、ユーザーのニーズに出来るだけ合うような商品の提供ができるようになることですよね。それの上の上を行くようなすごいCRMができる、ということでしょうか^^

ビジネスに最適なフラッグシップモデル『HUAWEI Mate 9』

今や外出先や移動中にちょっとした業務をスマートフォンから行っているビジネスマンは少なくないのでは?スマートフォンはもはやただの携帯電話ではなく、重要なビジネスツールになりつつあるのです。そんな中、ファーウェイ・ジャパンから発売されたフラッグシップモデルのスマートフォン『HUAWEI Mate 9』が注目されているという。最大の特徴は、5.9インチというディスプレイサイズなのにコンパクト(5.5インチスマートフォンと同じくらいの大きさ)だということ。男性なら楽に片手で持てます。メールに添付されて送られてきたファイルをスマートフォンでチェックする方にとっては、これだけ画面が大きいと視認性が良くていいと思います。しかも画面が上下で二分割することができるんですよ。真ん中の分割ラインを上下に移動して自由にアプリエリアの広さを切り替えることも可能です。これならパソコンのような感覚で、メールを見ながら打ち合わせの資料をチェックしたりできますよね。さらにメモリやCPUをたっぷりと積んであるので、仕事で重い作業をする場合でもサクサク動きます。 なかなか動かないとストレスが溜まりますもんね。以上のことからもMate 9なら仕事の効率をアップすることができると思います。

ビジネスに最適なフラッグシップモデル『HUAWEI Mate 9』

今や外出先や移動中にちょっとした業務をスマートフォンから行っているビジネスマンは少なくないのでは?スマートフォンはもはやただの携帯電話ではなく、重要なビジネスツールになりつつあるのです。そんな中、ファーウェイ・ジャパンから発売されたフラッグシップモデルのスマートフォン『HUAWEI Mate 9』が注目されているという。最大の特徴は、5.9インチというディスプレイサイズなのにコンパクト(5.5インチスマートフォンと同じくらいの大きさ)だということ。男性なら楽に片手で持てます。メールに添付されて送られてきたファイルをスマートフォンでチェックする方にとっては、これだけ画面が大きいと視認性が良くていいと思います。しかも画面が上下で二分割することができるんですよ。真ん中の分割ラインを上下に移動して自由にアプリエリアの広さを切り替えることも可能です。これならパソコンのような感覚で、メールを見ながら打ち合わせの資料をチェックしたりできますよね。さらにメモリやCPUをたっぷりと積んであるので、仕事で重い作業をする場合でもサクサク動きます。 なかなか動かないとストレスが溜まりますもんね。以上のことからもMate 9なら仕事の効率をアップすることができると思います。

やっぱり入力しやすいもの!

SFAの導入を失敗させないために重要なこと、それは入力のしやすさ。もうこれしか無いようですよ^^どのSFAのコラムを読んでいても、まずはこの入力のしやすさを重要視しています。

営業マンの仕事は営業。外に出て会社を周り、受注を取ってくる。これが営業マンたる所以ですが、SFAを導入したことで事務仕事が増えたような感覚に陥るそうです。そうかもしれません。SFAの入力項目は多く、もし導入時に会社側が多くの機能を最初から導入していれば、営業マンの負担は計り知れないものになっているかもしれません。

どうせ導入するんだったら、営業マンのプラスになるものを、利益が上がるものを、と思ってしまいますよね。でもこれがかえって営業マンの負担を増幅させてしまっているんです。

SFAによって商談管理をしっかりと行い、グループ内で情報を共有、これを長く続けていきたいのであれば、最初の段階では少ない機能、そして入力画面がエクセルに近いもの、これが最初のハードルを低くしてくれるはずです。

本ブログはこちらの製品サイトを参照に編集したものです。

SFAで予実管理ができる

SFAを使うことで、目標の達成を管理することもできるようになるそうです。これを予実管理、というとのこと。知ってました?予実管理という言葉。

SFAには営業日報や顧客管理の機能などがありますが、利行で集めた情報から分析を行い、戦略的な営業活動が可能になります。SFAでは予実管理をリアルタイムで実施することができるため、今から行う営業でどのようなことが課題になっているのか、これを予測できるんですね。

予測できるということは、商談を成功に導くことができる、失敗を未然に防ぐことができる、というすごいことなんです。これがどれくらいの確立で成功に導かれるのかは、わかりませんが^^

SFAの操作画面にはこの予実が一目で見られるようなものもあるそうで、とても便利で助かるものとなっているようです。ただちょっと心配になるのは、このようなことは今まで人が経験から得ていたり、自分で分析して営業に活かしていたはず。これを全てシステムがやってくれるようになると、営業マンが自分で動くことができなくなるのでは・・と思うのは私だけでしょうか。