これさえあれば何もいらない

「もう、これさえあれば何もいらないと言っても過言ではありません」と紹介されていた営業支援ツール。CRMとSFA、そして人事や会計、在庫管理、グループウェアといった経営に関するシステムが全部入っているALL-INというツールのことなんです。

このALL-INは、「東京と島根の拠点で開発・運用を行っている」株式会社ビジネスバンクグループという会社がサービスしているもの。そもそもは、クラウド経営のシステムを開発している会社のようです。

ホームページには、このツールを採用している会社の事例、というものがあるようなんですが、惜しいことに2段くらいの文章しかないんですよね。営業支援ツールをサービスしている大きな会社だと、それぞれの導入企業が1ページずつ、ツールを導入しようと思ったきっかけや経緯、実際に使ってみて、今後の展望などが事細かに紹介されています。それがこちらのホームページには無いので、それが勿体無いな~と感じましたね。。

GEOCRM

『Sales Cloud』を導入した株式会社シーアールイー

物流施設の賃貸から管理・仲介・投資アドバイスまでのサービスをワンストップで提供している株式会社シーアールイーは、複数の企業と経営統合を重ね、2015年には東証二部への上場を果たしました。しかしそこには経営統合を重ねたからこその大きな課題があったそう。それは部門ごとに異なる営業手法が併存していたこと。いくら自分の会社が統合したからといって、現場では営業手法を変えることへの抵抗感があるのは当たり前ですよね。そこで営業プロセスの統一&業務効率化を図るためにSFAを導入することにしたのです。複数の製品を比較した結果、最終的にはセールスフォース・ドットコムの『Sales Cloud』が選ばれました。理由は、「充実したサポート」と「優れた拡張性」を併せ持っていたから。今後のビジネス展開に合わせてSFAを拡張させていけるので、費用対効果が非常に高いと考えたそうです。おかげで営業活動のスピードと質が飛躍的に向上しました。現場への意識改革を促すためにもSFAは効果的だったそう。Sales Cloudを選んだことに間違いはなかったようですね。GEOCRM

『InsightNavi案件管理』に滞留案件分析機能追加

株式会社サムライズが提供する『InsightNavi案件管理』というツールをご存知でしょうか。これはSFA(営業支援システム)などからインポートされた営業案件データを分析&見える化することで、営業会議の効率化をサポートできるというクラウドベースのダッシュボード。目的に応じた適切な分析データを視覚的に把握できるという。そんなInsightNavi案件管理に新しく滞留案件分析機能が追加されました。変化のなかった案件データの滞留期間をセグメント化して集計できるそうですよ。どのくらいの間、滞留しているのかを一目で把握できるそう。営業活動が停滞していることが分かるから、営業の問題点の発見に役立ちそうですね!また長期間の間、滞留している案件を見つけ出し、そういった案件を失注扱いにできます。こうしてメリハリのある案件データを把握することで、売上見通しの精度を上げることができるというわけ。効率的な営業活動が実現できそうですね!今後、またしてもInsightNavi案件管理に失注分析機能も追加される予定です。このツールは、どんどん進化していきますね。