『InsightNavi案件管理』に滞留案件分析機能追加

株式会社サムライズが提供する『InsightNavi案件管理』というツールをご存知でしょうか。これはSFA(営業支援システム)などからインポートされた営業案件データを分析&見える化することで、営業会議の効率化をサポートできるというクラウドベースのダッシュボード。目的に応じた適切な分析データを視覚的に把握できるという。そんなInsightNavi案件管理に新しく滞留案件分析機能が追加されました。変化のなかった案件データの滞留期間をセグメント化して集計できるそうですよ。どのくらいの間、滞留しているのかを一目で把握できるそう。営業活動が停滞していることが分かるから、営業の問題点の発見に役立ちそうですね!また長期間の間、滞留している案件を見つけ出し、そういった案件を失注扱いにできます。こうしてメリハリのある案件データを把握することで、売上見通しの精度を上げることができるというわけ。効率的な営業活動が実現できそうですね!今後、またしてもInsightNavi案件管理に失注分析機能も追加される予定です。このツールは、どんどん進化していきますね。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)