iOS版『SharePoint』アプリが登場

仕事を効率化するためにSharePointを活用しているという方は少なくないでしょう。そこでMicrosoftはiOS版『SharePoint』アプリを6月21日にリリースしたそうです。AppleのApp Storeから無料でダウンロード可能。これによりビジネスユーザーは、外出先でもiPhoneなどの端末から簡単に「社内のチームサイト」「組織のポータルやリソース」「共同作業している他のユーザー」などにアクセスできるというわけです。Microsoftはこのモバイルアプリをイントラネット内の情報にどこからでもアクセスできるようにと、「ポケットの中のイントラネット」と呼んでいるそう。またアプリはオンプレミス/ハイブリッド環境のSharePoint OnlineとSharePointの両方をサポートしており、Office Mobile及びワンドライブアプリとも連係することができます。無料とは思えないくらいクオリティが高いですよね。今後は、アプリの機能強化を図るとともに、2016年末までにAndroid版とWindows Universal版アプリケーションをリリースする予定という。WordやExcelのアプリと同様、使いこなしたいアプリになりそうです。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)