細かな顧客情報の分析が可能に

ネットで商品を販売している企業のほとんどと言って良いのかもしれません。もしくは、巨大な企業こそが利用しているシステム。それがCRMなんですね。

どんどん売り上げを伸ばしている企業こそが細かな顧客情報の分析を行い、分析した情報から顧客に有益と思われる情報を提供。顧客はそれを見て自分に必要と思えばその商品を購入することになる、ということです。これが永遠に?続けば企業は衰えを知らなくなる。。^^恐ろしいものです。

思い当たりませんか?これ。商品をネットで購入したら、その後ネットで色んなサイトやほかの人のブログを読んでいると、なぜか自分が購入した商品や関連商品が広告となって表示される。これもCRMの1つなのかもしれませんよ!

商品を買った企業では自動で情報分析を行い、新たに商品を購入させるべく、あるいは購入したくなるようにあちこちのサイトで広告を見せているんですね~。私たち消費者にとってみれば便利でもありますが、ちょっと怖い気もしますよね^^

https://knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)