やっぱり入力しやすいもの!

SFAの導入を失敗させないために重要なこと、それは入力のしやすさ。もうこれしか無いようですよ^^どのSFAのコラムを読んでいても、まずはこの入力のしやすさを重要視しています。

営業マンの仕事は営業。外に出て会社を周り、受注を取ってくる。これが営業マンたる所以ですが、SFAを導入したことで事務仕事が増えたような感覚に陥るそうです。そうかもしれません。SFAの入力項目は多く、もし導入時に会社側が多くの機能を最初から導入していれば、営業マンの負担は計り知れないものになっているかもしれません。

どうせ導入するんだったら、営業マンのプラスになるものを、利益が上がるものを、と思ってしまいますよね。でもこれがかえって営業マンの負担を増幅させてしまっているんです。

SFAによって商談管理をしっかりと行い、グループ内で情報を共有、これを長く続けていきたいのであれば、最初の段階では少ない機能、そして入力画面がエクセルに近いもの、これが最初のハードルを低くしてくれるはずです。

本ブログはこちらの製品サイトを参照に編集したものです。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)