NICE営業物語の特長は

システムズナカシマがサービスしているNICE営業物語。これだけ聞くと何をサービスしているのか分かりにくいのですが^^SFAなんですね。

もともとは「自社内の営業部門での使用を目的として1999年に大手経営コンサル会社の指導のもと初期バージョンが開発」されたとのこと。つまり、最初は自社内に向けてのサービスだったそうで、これがかなりイケていたのでしょうね^^他企業への販売を行うべく、2002年には携帯電話での日報登録対応機能の追加、2009年にはクラウド(SaaS)で運用できる環境が整い、翌年にはスマホアプリもリリースされるなど、様々な機能の追加が行われ、現在は多岐にわたる業種で活用されているんだそうです。

自社用に開発したものが他の企業へのサービスに変化していく、ということは多分よくあるんだと思います。また、利用するほかの企業としても、開発した会社が実際に使ってみて営業成績がアップできたのだから、自社で使っても効果は上がるだろうな・・と期待しますよね。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)