リスクを最小限に食い止めることも

SFAを使うことはリスクを最小限に食い止めることもできるそうです。これはSFA活用によるメリットの一つ、情報共有という点にあります。

営業担当者が案件情報や営業日報、顧客情報などを毎日入力しますが、これには日々の営業プロセスも詳細に記録されていきます。結果的に案件が失敗に終わったとしても、あとで反省する際にどの時点で失敗につながるような過程があったのか、あぶり出しが可能となるんですね。これは営業担当者自身の問題であったり、会社が取引を行おうとしていた製品やサービスの問題であったり、あるいはどうしようもできない理由がそこに発生してしまったり。。どのような理由であっても、それをハッキリとさせること。そして改善できるものは改善し、次の営業につなげる。これを行っていくことで、過去と同じような失敗を減らしていくことができるんですね。

一つの部署だけでこの情報を保有するのではなく、別の部署までまたいで共有していくことで、会社全体のリスクも最小限に抑えることも可能なのです。

本記事はこちらの製品を参照しました。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)