Outlookとの連携ができることで

Microsoft Dynamics CRMが世界中で利用されている、ということはよく知られています。「全世界40地域41言語で提供中。現在グローバルで約4万社、300万ユーザーに利用」中とのこと。

ではそんなに世界中で使われているCRMって何がそんなに良いんでしょうかね。まず知名度ですよね。CRMと言ったらマイクロソフトのダイナミクスと言われるほど、日本は当たり前、世界中で知られているんですね。

また、作業のし易さも人気となっている大きな要因です。大企業だけでなくて中小企業でも使える。業種も様々で、幅広く対応できるんですね。

そしてMicrosoftのOffice製品との相性の良さです。当たり前のことですが、両方ともにMicrosoftの製品なので、Officeとの連携は抜群。その中でもOutlookは連携するメリットが大きく、Outlookを使用中にCRMへアクセスできたり、Outlookに入力した情報を同期することで、メールや連絡先などを2度同じことを入力しなくても済むようになるんです。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)