ライバル会社の情報も

SFAの機能の中には、ライバル会社の情報を共有することもできるようになるそうです。一人一人の営業マンが集めてきたライバル会社の情報。一人の分はそこまで深く広くは無くても、会社全体でそれらをまとめ、共有することで大きな情報になるということは明らかですよね。

ライバル会社の動きを早めに察知することも可能になりますが、実は自社の強みや弱みも浮き彫りにされてくるんです。こういった関連の案件は失敗が多いけど、別関連の案件はライバル会社よりも案件を勝ち取る割合が多い、とか。この業種には強いとか。。

なんとなくは感じていたことが、実際に数字や情報としてハッキリすることで、対策を講じたりもっと勢いをつけたりと、メリハリの利いた営業もできるようになるんです。

ということは、やはり営業マンは様々な人とコミュニケーションをとって、できるだけ多くの情報を収集する必要がありますよね。新規案件を勝ち取ることも重要ですが、どんな些細な情報でも聞き出してSFAで管理しておくことで、会社の資産となっていくんです。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-ryoukin.html

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)