的確な分析を実現できる

情報化社会と言われるようになって久しいですが、それでもまだ、大量の情報を有効に使えている会社って少ないようですね。

情報を蓄積しても分析の確度が低かったり、使い方に無駄があったり。こういった悩みを少しでも解消しようとしているベンダもまた、あるようなんですが。

アグレックスという会社は、今月の21日にVeeva Japanという会社とパートナー契約を行ったと発表したそうです。この連携によって可能になるのは、Veeva CRM MyInsightsを使って「可視化するデータの検討から構築までを、一貫して支援するサービスを提供」可能になる。Veeva CRM内にあるさまざまな情報を的確に分析することができるようになるそうです。

このVeeva CRM MyInsightsというのは、医療関係で使われているCRMなんだそうですが、医療の分野でもCRMって重要なんですね。こういった業種でも、やはり精度の高い分析は重要なのでしょうね。

SFA(営業支援システム)比較