そのままの顧客の声を知りたい

営業マンを管理するマネージャーの方が思うのは、それぞれの営業マンが実際に営業している姿を見たい、そして顧客の声がそのまま聞きたいということではないでしょうか。

毎日日報を書いてはくれているけど、それをメールで読まなければならない現実。すでに営業は終わっているため、営業の結果のみ、そして営業マンの主観が入った顧客の声しか聞きとることしかできません。

もし、早めに対策を営業マンに指示していれば、この商談は成功したかもしれない、そんな後悔をしたことも多いのではないでしょうか。

こういった悩みを解決してくれるツールとして、SFAがあります。営業が終わるたびに営業マンが営業報告を行う。マネージャーが知りたいことは項目を設定し、営業マンの主観が入らないようにありのままを報告してもらう。そしてその情報はリアルタイムで伝えられるということ。これだけのことがSFAを使ってできれば、マネージャーさんたちのストレスも一気に減るのではないでしょうかね^^

顧客管理システム

双方にメリット

初めて買い物をするネットショップでは、マイページの登録が必要になりますよね。いちいち登録するのが面倒なため、多くのショップが入っているショッピングモールで同じ商品がないか、探しますが、それでも無い場合には仕方ない^^名前、住所、電話番号など属性をすべて入力し、登録することになります。

ただ、一度入力すればその後はそのマイページを活用して便利にショッピングできるのは助かりますよね。私もそれぞれのショップで買い物をする際、前に買った商品、日付を確認。同じものが欲しい時にはその商品画像をクリックすればその商品ページにすぐに飛ぶので、よく使わせてもらっています^^このユーザーに便利なマイページ。実はショップが使っているCRMに大きく貢献しているそうなんです。

マイページが設定されることで、顧客情報は会社内で見える化され共有化されます。購入履歴、頻度、これらから今後の購入予測や在庫管理などもこのページを元に分析できるようになるんですね。つまり、マイページがあることで会社、顧客双方にメリットがあるというわけです。

名刺CRM紹介 |サービス案内 | KnowledgeSuite