せっかくたくさん集めたのに!

CRMをうまく活用していくには顧客に関する幅広い情報が必要と言われたから・・と、たくさんの情報を入力したのに、活用方法自体がわからなくなっていたということがあるようです。どういうことでしょ?^^

CRMは、管理者やマネージャーなど営業マンたちをまとめる人達が導入を進めることが多いようです。なので、営業マンはとにかく情報を集める、そして入力する。これだけを上司から言い渡されます。しかし言われたことを必死でやっても、その後何をするのかが知らされていないんですね。

営業マンの方たちも、自分たちの営業活動や顧客情報に関して、何らかの課題があることは分かっているはずです。上司の方たちは、その課題の何を解決したくてCRMを導入したのか。そしてデータを集め分析するために何が必要なのかを、きちんと営業マンたちに理解してもらっておくことが大切なんですね。

本来であれば、CRMの選定段階から営業マンから数人代表者を選び、一緒になって導入を進めていくことで、入力しても何に活用するのかわからない・・といったことは無くなると思われます。

マーケティングソリューション紹介

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)