もう10年ほどが

名刺の管理ツールといったものが日本で始まったのは今から10年ほど前と言われています。

日本ではなじみの名刺。でも、会社のデスクに散在していたり、箱に仕舞ってそれっきり、という人も多いアイテムでもありました。

時は新規顧客獲得に苦しい時代に入り、どの会社の営業マンも四苦八苦していて・・。そこに新しい営業支援として名刺の管理ツールが出始めたわけです。最初は名刺で何ができる?と思った人も多かったでしょう。しかし、名刺を会社が一元管理し、名寄せし、人脈を見える化し、今では他の営業支援ツールとの連携までできるようになり、これほどまでに名刺が営業に大きな影響を与えられるのか、と驚いた方も多いようです。
これから10年後の名刺の管理ツールの存在がどのように進化しているのか、楽しみです^^

ナレッジスイート株式会社

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)