CRMの代わりに

CRMやSFAといった幅広い機能がある営業支援システムを導入するには、自社は規模が小さすぎる。でも、顧客の情報はキッチリと管理していきたい、という会社では、最近名刺の管理ツールが選ばれているそうです。

しかも、大手の有料のものではなくて、無料のアプリなどが。こういった手軽な名刺の管理ツールを使ってみて、使い勝手や機能などをチェックし、「これならいけそう!」と思ったものを継続利用、あるいは有料のものに移行したりするんだそうです。

きっと、企業には毎日のようにこういったツール、システムの売り込みも多いことでしょう。その際には、良いことばかりを言われ、つい機能豊富なものを選びそうになりますが、どのようなツールにしてもまずは少ない機能から徐々に慣れていく、といった方法が長続きするそうですよ。

管理職でも知っていたい知識

管理職と言うと、それなりの年齢で、パソコンはあまり使えない、その分口は出す、といったイメージがありませんか?^^でも、現在こんな管理職がいれば、きっと部下から慕われることもないでしょう。。そういえば、バブル期に入社した50歳以上の社員のリストラというのが、大手企業で始まっているようですね。何の努力をしなくても大手企業に就職できた世代、今も尚、やる気の薄い人たちが多いそうで^^こういった使えない世代にはとっとと辞めてもらいたいと、きっと下の世代からの突き上げが行われている模様です。

そういったことにならないよう、これからの管理職に就く方たちは、多くの知識や経験を積みたいものですよね。営業関連の職場に居れば、SFAやCRMといった、これから活用が進む営業支援ツールの知識は是非とも知っておきたいものです。

特に、SFAは営業マンが新規顧客を開拓する際にとても役立つツールです。新入社員が入ってきて、新規顧客を探す営業に出る際、先輩としてSFAをサクサク活用できれば、きっと尊敬されること間違い無しですよ^^