CRMの代わりに

CRMやSFAといった幅広い機能がある営業支援システムを導入するには、自社は規模が小さすぎる。でも、顧客の情報はキッチリと管理していきたい、という会社では、最近名刺の管理ツールが選ばれているそうです。

しかも、大手の有料のものではなくて、無料のアプリなどが。こういった手軽な名刺の管理ツールを使ってみて、使い勝手や機能などをチェックし、「これならいけそう!」と思ったものを継続利用、あるいは有料のものに移行したりするんだそうです。

きっと、企業には毎日のようにこういったツール、システムの売り込みも多いことでしょう。その際には、良いことばかりを言われ、つい機能豊富なものを選びそうになりますが、どのようなツールにしてもまずは少ない機能から徐々に慣れていく、といった方法が長続きするそうですよ。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)