SFAに近いメリットも

SFAを導入するにはお金が無い。でも営業マンそれぞれの営業プロセスは押さえておきたい。そんな会社の方におすすめなのが、名刺の管理ツールです。

会社の規模が大きくなるにつれ、それぞれの営業マンの営業状況を把握するのは困難になっていきますよね。しかし、管理者はすべてを知っておく必要があります。

そこで、営業日報と名刺の管理ツールをつないでおくことで、SFAに近いメリットを生み出すことができるようになるんです。最近の名刺の管理ツールは、最初からSFA、そしてCRMとも連携させているものもあり、費用をとても安くして使えるものが提供されています。名刺の管理ツールは無料のアプリを使い、それに営業日報を連携させれば、もっと費用はかかりません。

スマホのビジネスアプリを使いこなす、これもデキるビジネスマンの条件になりそうですね。

knowledgesuite.jp

ファイルを入れ替えはちょっと・・・

名刺をファイルに入れて保存。必要な時はそのファイルから名刺を取り出して使う、そのような活用法をやっていると、ひどく手間がかかってしまうことがありますよね。

例えば、ファイルの入れ替えです。これを聞いただけでもうんざりする人もいるのではないでしょうか^^

これまでの仕分けだと効率が悪いので、別の仕分けにしたいからファイルを入れ替えてくれ、と、上司は簡単に言うでしょう^^しかし数百枚ある名刺のファイルを、別のファイルに整理し直すのには、時間も手間もかかってしまいますよね。もし、すべての名刺情報がパソコンの中に入っていたら・・。一発で並び替えが出来てしまうのに。

そうです、早く上司に言いましょう!「名刺の管理ツールを導入してください!」と^^

移行できていますか?

たまに聞くのですが、SFAの移行で大変な思いをした、と。移行する、というくらいですから、SFAを利用歴も長いのでしょう。

使い慣れたシステムを移行すること自体、とても大変だと思うんですが、SFAだとなおさらでしょう。一つの部門だけで使っているならまだしも、3つとか4つとかの部門で連携していた場合、移行前、移行中にSFAのデータはどのようにして使うのかとか、データになっているすべてを移行するのか、それとも捨てるものもあるのか、など、移行前からさまざま大変ですよね。

そして、思ってもいないことも出てきそうです。あの東大でさえ、生協の改修だか改築だかの際、壁に飾られていた大きな絵画を廃棄処分としていた・・という事件?が明るみに出ていますよね。

SFAの移行にしてもこういった予想だにしていなかったトラブルが出てきてもおかしくはありません。ただ、SFAだって年々新しく、使いやすく機能も優れたものが出てきていますからね。最初から移行することを考慮して導入できると良いですね。