ビジネス向けアプリで提携

CRMで有名なセールスフォースとアップルがビジネスの分野のアプリで提携をするそうです。戦略的パートナーシップの締結とも言われていて、両社が両社の代表的な機能と組み合わせて、より戦略的なツールやアプリの開発を行うようです。

アップルではSiriが音声アシスタントとして浸透していますが、この機能をセールスフォースのモバイルアプリと連携させ、それらをビジネス向けに利用するiPhone、iPadに活用できるようにと。

また、iPhone、iPadの機能を使ってさらに優れたソフトウェアの開発などもセールスフォースは行っていくそうです。Siriをさらに活用していくということは、人がスマホをクリックして操作したり調べものをするのではなくて、Siriに話しかけることで、今以上の機能を活用することができると考えられます。

ティム・クックCEOは「われわれは人々の働き方を変えており、それこそが状況の改善を目指すアップルの取り組みの中心だ」と述べていたそうです。

knowledgesuite.jp/service/crm.html

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)