国産のベンダーに勝算あり

世界的なシェアで見れば、アメリカで作られたCRMが大きな市場を占めていますが、日本での現実は少し違うようです。あるビジネスツールのランキングを見てみると、人気のあるCRMの首位には日本のもの、つまり国産のベンダーが作っているCRMが紹介されていました。

そのCRMの定着率はなんと9割以上。この定着率ってすごいですよね。一般的に、CRMは使いにくい、定着するまでに営業マンたちが負担を感じて止めてしまうもの、といったイメージが強いと思いますが、国産のベンダーが日本の営業マンたちの使いやすさ、支援を行うことで、こういった高い定着率を生み出しているようです。

会社の規模や業態などによっては、カスタマイズも必要になってきます。すると、アメリカのものだと思いのほか手間がかかるようですが、日本語で日本人スタッフの対応であれば、細かなところまで要望を説明することも可能ですからね。日本人のきめ細やかさもあると思いますが、やはり国産のものって強いですね^^

まんまと・・?

ある中年女性のブログを読んで「まんまと営業マンの罠にかかるなんて・・」と笑っている友人。何のことか聞いてみると、そのブロガーの女性が車の買い替えのためにディーラーに行くと、高校生の娘さんがその車にとても愛着を感じていて、買い替えたくないと営業マンの前で言ったとか。12年以上乗っている車だけど、娘の言うことも納得。。でも目の前には営業マンが・・、とそのブロガーが思っていると、営業マンは、長く愛用してもらって、しかも愛着のある車と言ってもらってうれしい。すぐに決める必要はないし、家族でじっくりと検討してからまたこちらに来られては?とさわやかスマイルで送り出してもらったそう。ブロガーは、今時こんなにユーザーの気持ちをわかってくれる営業マンがいるなんて・・と、感動した、という内容だったそうです。

確かに^^今時、「買って、買って」と言ってる営業マンは使えません。CRMなどで情報を網羅しそれぞれのユーザーの心を射止める。そんな時代ですからね。

sfa料金情報