管理ツールの導入が進んでいる

数十年近く務めた営業職の方。それまでには多くの経験を積み、多くの実績を上げてきたことでしょう。顔見知りの企業担当者も多く、長い経験とお付き合いのなかから得た信頼、というものもきっとあるはずです。

しかし、リストラや転勤などによって、個人が持っている名刺をそのまま新しい就職先で使ってしまう。。ということもよくあるようなんです。。そもそも、業務時間内に合った人というのは、会社の仕事のために会いに行き、商談そていたわけで、個人のための業務では無いわけです。ですから、業務時間内に得た情報はすべて会社のものであることを、再認識してもらう必要があります。

現在急速に名刺の情報を退職時に持ち出すことができないよう、名刺の管理ツールの導入が進んでいるのもうなずけますね。

knowledgesuite.jp

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)