新商品の開発にも

CRMは、顧客情報を管理し、また顧客満足度の向上に貢献するツールとして知られていますが、新商品の開発などにも大きな力を発揮することがあります。

顧客がコールセンターに問い合わせをしてきたり、メールなどで質問、悩みなどを送ってくると、その内容は全てCRMに蓄積されていきます。それらを分析することで、今、消費者が何を欲しがっているのか、期待しているのか。どういったタイミングでそれを欲しがるのか、こういった細かな事まで知ることができるようになります。

よくPDCAを回してといいますが、これはあくまで現在の商品に足りないものを足したり無駄を省いたり、と商品を改善していくということ。でも、ここからさらに進化し、新しい商品開発の方にシフトチェンジされることだってあるわけです。改善するより、元から変えていく、こんな考え方もアリですよね^^

結果的にどのような形になっても、顧客のための商品づくりを行っていれば、必ず良い結末が訪れると思われます。

優秀だからこそ

いつも成績優秀。営業の仕事も大好き。そんな人でも、これからCRMを使っていくことをおすすめします。

自分にはそんなツールは必要無い、今のままの仕事の仕方で十分!と思っていますよね。しかし、さらにCRMを活用し、顧客情報をきちんと管理することで、多くの利益を上げることが可能となるんです。

顧客情報を管理していくと、それまでに見えてこなかった顧客のニーズや本当に考えていることも視えてくると言われています。対面して営業をしていても、顧客の本音が聞けている場合とそうでない場合もあるんです。

しかしCRMに全ての顧客情報を注ぎ込み、分析すれば、本当のニーズというものを探り当てることができます。その情報を顧客に還元することで、顧客は満足度を向上させ、長く取引を続けてくれるんですね。

優秀だからこそ最新のツールを使いこなし、顧客との関係をより上質なものにしていく。こんな姿勢で仕事をしていけば、営業という仕事をもっと好きになっていくかもしれませんね^^

ksj.co.jp/knowledgesuite.jp/service/sfa/sfa-detail04.html