全てが上々に

社内のシステムが古い!連携が他のツールと全くできないため、二重、三重と入力する必要があり面倒。こういった声が強くなればやっとシステムの刷新となるわけですが、最近ではどうせ変えるならより営業マンの業務効率を上げるようなものにしよう、とCRMを選ぶ会社が増えています。

CRMは顧客関係管理のためのツールですが、うまく使えばCSの向上、効果的なマーケティングまでこのツールでできるため、導入する会社が増えるのも当然といえば当然かもしれません。

実際、カスタマーサービスの現場にCRMを導入したことで、それまでにカスタマーサービスの部署でしか共有できなかった情報が社内すべてでリアルタイムで確認できるようになり、スピーディーな顧客対応ができるようになったそうです。通常、客はカスタマーサービスの部署に電話をかけても、たらい回しにされたり気持ちの良い返事が返ってくることは少ない、と思っています。しかし、迅速に対応してくれればCSも向上しますし、顧客との良好な関係も長く続くわけです。


No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)