情報の蓄積ができてこそ

SFAが社内に定着しない、それの根本的な原因、疎外因子が情報の蓄積と言われています。営業マンがSFAに情報を入力し続ける、継続的に情報が蓄積していくことで、そこから様々な分析をして有益なデータを引き出すことができるわけです。しかし、その情報の入力の方法や手間にデメリットを感じる営業マンが多いため、入力しない、その結果情報は蓄積されずにSFAが定着しないというわけですね。

会社側からすると、なぜコストをかけ、機能を絞って導入してあげたのに営業マンは使わないのか?と管理者に問うでしょう。でも管理者も営業マンの不満を知っていますから板挟み状態に。。

このような状況にならないためにも、SFAを選定する時点から管理者と営業マンも一緒になってプロジェクトチームを作る必要があるんですね。新システムの導入には、会社主導というより現場でそのシステムを実際に使う従業員が一緒に選定することが重要ですし、長く定着できる可能性も高くなると言えます。


No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)