うまく活用できれば・・

ニュースに出ていたのですが、働き方改革をしても、結果的に誰かにしわ寄せがきてこれまでよりももっとひどい働き方になっている人がいる、と。努力しても認めらない、サービス残業が増えた、むしろ全体の仕事量が増えてしまったなど、実情は惨憺たるもののようです。

CRMなどの営業支援ツールを使いこなせば多少は改善されるのでは?と素人目では感じるんですが、現場はそんなに簡単なものでは無いようです。また、CRMといったITツールを使いこなせるような従業員でなければ導入しても放置されるだけ。日本中の全ての会社がこのようなツールを使えると思ってはいけないんですね。。

また、正社員とパートアルバイト社員との格差も広がっていると言われています。格差を是正することも、政府の考えにあるはずですが、これも逆行していると。こうなると、一体どうしたら良いのかわからなくなりますよね^^

ただ、今が過渡期であり、この苦しい時期を起点に更なる新しいITツールの開発、誰もが簡単に使えるような営業支援ツールが生まれてくれば、現場はちょっとずつ改善されていくのかもしれません。


No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)