本当に初めての見込み顧客でも

歴史のある会社とは、それだけ顧客の情報をたくさん持っている。営業の武器がたくさんあると言うことでもあります。

SFAを使って効率よく、確度高く営業を行い、新規顧客を獲得したい。でも、その会社がまだ若く、営業のノウハウも経験もすくなければ、SFAを使っても思うような成果は上げられないかもしれません。つまり、営業の武器が少なすぎるということなんですね。

SFAはとにかく情報が命。これまでに営業マンたちが行ってきた数えきれないほどの営業案件の情報、見込み顧客への営業方法、案件の失注、成功などがデータ化されることで、これまでに一度もアプローチしたことの無い見込み顧客にも、どのような方法で営業をかければ効果的なのか、効率的なのかが見えてくるようになるんです。本当に初めの見込み顧客でも、自社なりのノウハウと経験により、SFAの機能を十分に活かすことが出来る。これまでに蓄積してきた多くの情報、営業の武器が役立つということになります。


No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)