社内環境も大事

SFAの導入を検討する際には、どうしても目新しいことに目を向けがちですよね。どんな機能を選ぼうか、どこのベンダーが人気があるのか、フォローはどこまでやってくれるのかなどなど。本当に多くのことを検討していかないといけないし、機能などを選ぶ時は、新しいものが使えるというちょっとした嬉しさもありますよね^^

しかし待ってください。もし、古いパソコンだったり、古いOSをずっと使っている場合、最新のSFAだと適用できない場合もあるんです。そんなヘマはしないよ!と思っているかもしれませんが、導入してからでは遅いのです。まずはSFAのベンダーのスタッフを呼び、実際に今自分たちが使っているシステムやツール、グループウェアなどをすべて見せておくようにしましょう。適用できなければどういった環境を整えるべきなのか、また適用する場合にはどこまでが大丈夫でどこからが無理になっていくのか、こういった細かな点まで聞いておくことが大事です。途中、面倒な顔をしていたり、よくわからない様子だったら、そのスタッフ、ベンダーにはお帰りをお願いした方が良いかもしれませんね^^

SFAに近いメリットも

SFAを導入するにはお金が無い。でも営業マンそれぞれの営業プロセスは押さえておきたい。そんな会社の方におすすめなのが、名刺の管理ツールです。

会社の規模が大きくなるにつれ、それぞれの営業マンの営業状況を把握するのは困難になっていきますよね。しかし、管理者はすべてを知っておく必要があります。

そこで、営業日報と名刺の管理ツールをつないでおくことで、SFAに近いメリットを生み出すことができるようになるんです。最近の名刺の管理ツールは、最初からSFA、そしてCRMとも連携させているものもあり、費用をとても安くして使えるものが提供されています。名刺の管理ツールは無料のアプリを使い、それに営業日報を連携させれば、もっと費用はかかりません。

スマホのビジネスアプリを使いこなす、これもデキるビジネスマンの条件になりそうですね。

knowledgesuite.jp

ファイルを入れ替えはちょっと・・・

名刺をファイルに入れて保存。必要な時はそのファイルから名刺を取り出して使う、そのような活用法をやっていると、ひどく手間がかかってしまうことがありますよね。

例えば、ファイルの入れ替えです。これを聞いただけでもうんざりする人もいるのではないでしょうか^^

これまでの仕分けだと効率が悪いので、別の仕分けにしたいからファイルを入れ替えてくれ、と、上司は簡単に言うでしょう^^しかし数百枚ある名刺のファイルを、別のファイルに整理し直すのには、時間も手間もかかってしまいますよね。もし、すべての名刺情報がパソコンの中に入っていたら・・。一発で並び替えが出来てしまうのに。

そうです、早く上司に言いましょう!「名刺の管理ツールを導入してください!」と^^

移行できていますか?

たまに聞くのですが、SFAの移行で大変な思いをした、と。移行する、というくらいですから、SFAを利用歴も長いのでしょう。

使い慣れたシステムを移行すること自体、とても大変だと思うんですが、SFAだとなおさらでしょう。一つの部門だけで使っているならまだしも、3つとか4つとかの部門で連携していた場合、移行前、移行中にSFAのデータはどのようにして使うのかとか、データになっているすべてを移行するのか、それとも捨てるものもあるのか、など、移行前からさまざま大変ですよね。

そして、思ってもいないことも出てきそうです。あの東大でさえ、生協の改修だか改築だかの際、壁に飾られていた大きな絵画を廃棄処分としていた・・という事件?が明るみに出ていますよね。

SFAの移行にしてもこういった予想だにしていなかったトラブルが出てきてもおかしくはありません。ただ、SFAだって年々新しく、使いやすく機能も優れたものが出てきていますからね。最初から移行することを考慮して導入できると良いですね。

CRMの代わりに

CRMやSFAといった幅広い機能がある営業支援システムを導入するには、自社は規模が小さすぎる。でも、顧客の情報はキッチリと管理していきたい、という会社では、最近名刺の管理ツールが選ばれているそうです。

しかも、大手の有料のものではなくて、無料のアプリなどが。こういった手軽な名刺の管理ツールを使ってみて、使い勝手や機能などをチェックし、「これならいけそう!」と思ったものを継続利用、あるいは有料のものに移行したりするんだそうです。

きっと、企業には毎日のようにこういったツール、システムの売り込みも多いことでしょう。その際には、良いことばかりを言われ、つい機能豊富なものを選びそうになりますが、どのようなツールにしてもまずは少ない機能から徐々に慣れていく、といった方法が長続きするそうですよ。

管理職でも知っていたい知識

管理職と言うと、それなりの年齢で、パソコンはあまり使えない、その分口は出す、といったイメージがありませんか?^^でも、現在こんな管理職がいれば、きっと部下から慕われることもないでしょう。。そういえば、バブル期に入社した50歳以上の社員のリストラというのが、大手企業で始まっているようですね。何の努力をしなくても大手企業に就職できた世代、今も尚、やる気の薄い人たちが多いそうで^^こういった使えない世代にはとっとと辞めてもらいたいと、きっと下の世代からの突き上げが行われている模様です。

そういったことにならないよう、これからの管理職に就く方たちは、多くの知識や経験を積みたいものですよね。営業関連の職場に居れば、SFAやCRMといった、これから活用が進む営業支援ツールの知識は是非とも知っておきたいものです。

特に、SFAは営業マンが新規顧客を開拓する際にとても役立つツールです。新入社員が入ってきて、新規顧客を探す営業に出る際、先輩としてSFAをサクサク活用できれば、きっと尊敬されること間違い無しですよ^^

継続はしないように・・

SFAを導入しても、最初のうちは慣れないだろうから今までの日報も継続しよう、という発想があるようです。たしかに、管理者や経営陣は、営業を管理する上で詳細な情報を必要としますから、慣れないSFAだけでは不安もあるかと思います。

ただ、実際にSFAを使いこなせるように頑張りながら、今までの日報も継続では、当の営業担当者たちの負担は2倍、3倍と増えてしまうんですね。営業担当者の本来の業務は営業を行うことですから、それ以外の雑務に時間を取られたくないもの。日報にかかる時間さえ負担なのに、さらに新しいシステムまでのしかかってくれば、精神的にもキツいものがありますよね。

最近では、SFAを導入する際にはできるだけ簡単なものから、作業画面もとっつきやすく、入力もチェック項目だけというサービスを選ぶようにはなってきています。しかしそれでも慣れないシステムは時間がかかってしまうもの。SFAには日報機能、案件機能などがあるので、SFAを導入したらきっぱりと今までの日報は止めて、SFAだけに集中することを考えてみてはいかがでしょうか?

ナレッジスイート株式会社

もう10年ほどが

名刺の管理ツールといったものが日本で始まったのは今から10年ほど前と言われています。

日本ではなじみの名刺。でも、会社のデスクに散在していたり、箱に仕舞ってそれっきり、という人も多いアイテムでもありました。

時は新規顧客獲得に苦しい時代に入り、どの会社の営業マンも四苦八苦していて・・。そこに新しい営業支援として名刺の管理ツールが出始めたわけです。最初は名刺で何ができる?と思った人も多かったでしょう。しかし、名刺を会社が一元管理し、名寄せし、人脈を見える化し、今では他の営業支援ツールとの連携までできるようになり、これほどまでに名刺が営業に大きな影響を与えられるのか、と驚いた方も多いようです。
これから10年後の名刺の管理ツールの存在がどのように進化しているのか、楽しみです^^

ナレッジスイート株式会社

ネットショップで利用増?

ネットショップを利用する人なら心当たりがあると思うのですが、そのショップのスマホのアプリをダウンロードすることでポイントが入り、かつ、そのアプリを利用することでクーポン券が配布されたりセールのお得な情報なども入ってくるようになりますよね。

最初の内は「あ!良かった。このアプリダウンロードして」と思うんですが、あまりにアプリからの着信が多すぎて数日後には削除・・なんていうこともありませんか?^^

CRMを活用したマーケティングをショップでは行っているんですよね、きっと。最先端の営業支援ツールを使い、顧客それぞれに最適な情報の提供を行っていると思うんですが、それがうっとおしく感じることも多々あるんですよ。そこをショップ側が理解してくれると良いですよね~。

数日に一回のペースでは早すぎ。そんなに頻繁に購入するようなタイプの商品を売っているショップでなければ、2週間ほど、顧客がショップのことを忘れるか忘れないかの瀬戸際くらいに着信してくれると良いと思いません?^^

顧客管理システム紹介|ポイントは

1度に30枚もへっちゃら!

名刺の管理ツールを使うと、1度に30枚くらいの名刺をスキャンできるそうですね。これは知らなかった。。

私、コピーの機械のように一面に名刺を並べてスキャンするのか?と一瞬思ってしまったのですが、きっと流れ込むように数枚ずつスキャナーに取り込まれ、スキャン、データ化されるということですよね^^

企業によっては、経営幹部の方たちは一週間に数十枚の名刺をもらうこともあるとか。それらをいちいち自分でデータ化するはずもなく、きっと部下の人や秘書さんが任せられるのでしょうね~、大変だ。。

本来の業務をそっちのけで自分でデータ化していたらいくら時間があっても足りないはず。そんな人たちにこそ、こういった大容量の名刺をデータ化できるツールを使って欲しいですね。

マーケティングソリューションツール